OL卒業した二人のフリーな日記

料理研究家ちゃあみーのゆるゆるとした日常

衝撃の!年末年始!

 

 

こんばんは。

 

 

明けましておめでとうございます!

 

 

最近毎日雨で、シンガポールらしくない寒い日々の中過ごしております。

ちゃらです。

 

お久しぶりすぎる投稿、申し訳ございません。。。

 

 

年末年始が相当大変でして

それこそネタ帳かってくらいの

怒涛の笑いに包まれる1週間ほどを過ごしました。

 

 

今日は

 

 

半袖短パンで年末の羽田に着陸🛩

入国拒否されたらこうなる。

 

 

についてお話しします。

 

 

 

👏

 

 

タイトルに怯えて慄いた方もいらっしゃるかと思いますが

どんな感じだったのかは赤裸々に書いて行きたいと思います〜

 

 

 

なぜこうなったのかは私本人からお聞きいただければ...

と思いますが、下記が私の過ごした状況詳細です。

 

 

シンガポールよりマレーシアに渡航

時は、ちょうどクリスマスの前の土曜日23日。

一人で、マレーシアのジョホールへとちょっくらお買い物に...気分で

半袖短パン・財布(所持金3000円)・鍵・携帯(充電器なし)

で颯爽とお出かけに行って来たのです。

 

実は私の住んでいるセンバワン地域は

マレーシアにほど近く、30分ちょっと程度で国境を超えられるので

本当に、一瞬遊びに行くつもりだったのです。

 

 

(まさかここで6日ほど滞在するなんて...思いもせずに...)

 

 

 

 

 

当時の私は

シンガポールとはまたちょっと違う雰囲気だなあ〜

とか

物価安いなあ〜

とか呑気にご飯まで楽しんで、シンガポールへ帰国。

 

 

 

 

 

②と、思ったら空港警察に連行

世界まる見え、とかでよく見るあの光景。

「お前怪しいな...。こっち来い。」

です。まさに。

 

ということで気づいたら警察に。

個室にて尋問を受けることとなりました。

 

 

 

③ビザどこ?ないならシンガポール入れません

1時間くらい話したけど、結果はこれ一択。

そう、私はビザの許可待ちでシンガポールにいたのですが、まだおりておらず。。。

 

 

説明したけど無駄で

とりあえずマレーシア帰って

真顔で強要されました。

 

一言だけ伝えると、

とにかくこわい。

 

 

 

私は

「!?」

の表情のまま、バスに詰め込まれ、マレーシアにとんぼ返り。笑

 

 

何も持っていない私はスタバでWi-Fiを拾い、会社に連絡。

社員さん(マレーシア人)に迎えに来てもらい、泊めてもらうという

謎のストーリーが始まりました...。

 

 

(ここ詳細は次回にお話しします)

 

 

④とりあえず日本帰って

ということで、シンガポールに戻れないまま

私はマレーシアから羽田へと

半袖短パンで着陸しました。

 

 

荷物はポシェット一つと

ユニクロの袋一つ。

 

すくな。

 

 

あの格好で行った松屋、一生忘れません。

(帰国後初のご飯はデミたまハンバーグ定食

 

 

そんなこんなで結局

年越しは例年通りの日本で。

 

しこたま友達と会って楽しい時間を過ごしました。とさ。

 

 

 

また詳細追って公開して行きます!

 

 

 

※今はシンガポールに戻って無事に過ごしているのでご安心ください!!

 

▽夕焼けと飛行機

 f:id:charmingcookingclass:20180114235258j:image

 

 

 

 

はあ。

ハプニング大賞。2017。

 

 

 

良い子のみんなは警察のお世話にはならないでね!

 

 

 

 

ちゃら