OL卒業した二人のフリーな日記

料理研究家ちゃあみーのゆるゆるとした日常

今の自分が好きと言えるか

 

おはようございます。

 

クーラーをつけないと暑くて起きて

クーラーをつけると寒くて凍える

もうどうしたらいいのか分かりません。ちゃらです。

 

 

 

昨晩とっても嬉しいことに

前職でお世話になった先輩方から電話を貰い

先輩後輩と代わる代わるお話をしました☎︎❤️

 

 

大体の人は、約1年ぶりにお話して

不思議な気持ちになって

あの時の自分の決断がよかったのか、ちょっぴり悩みました。

 

可愛がってくれた先輩(夜中に駆けつけてくれて慰めてくれてた感動)

よく一緒に過ごした同期(とにかく家を行き来したなあ)

可愛がってた後輩(朝ご飯配給したりしてたなあ笑)

 

会社にはいって

仕事はもちろん有意義だったのだけれど

一番の収穫はその人間関係の広がりだったなあとしみじみ。

 

 

仕事のやりがいって結局は

「誰かのため」だし、

仕事のモチベーションも

「誰かがいるから」なんだよなあ。

 

 

会社を離れた今でも、連絡をくれて、会いたいって言ってくれて

とってもとっても嬉しかったです😭

 

 

辞めなきゃよかったのかなあ

とかも思ったけれど

それは決断としてよかったんだろうな、と思い直して。

 

 

なんでかって

最近は自分の余計なものがなくなって

ありのまま過ごせているなあという実感があるから。です。

 

 

これ言い方によっては

強くなりすぎた(きつくなった?)

とも表現されるかもしれないけれど(笑)

なんか、無駄に考えることが減って(異国で余裕がないあまりにこうならざるを得なかった)

ストレートな生き方になったなあ、と。

 

 

端的にまとめると

中学生くらいの自分に戻った感覚なのです。

 

 

 

これだけ聞くと、いいのか?と疑問(笑)

 

 

 

なんか尖っているというか、、、それも無理している訳ではなく

 

 

純粋に間違っていると思ったら、従わずに指摘するし

行きたくないお誘いは断るし

できないことや、やりたくないことはしないし

不完全な自分も受け入れるし

 

 

なんかこういう「気を使わない生き方」を通すのって

大人になると難しくないですか?

 

 

嫌われるのは当たり前にいやだし

みんなと仲良くしたいし

よく思われたいし

 

奔放に生きてるとそれが叶わない気がして

「我慢」する機会が多いのではないかと。

 

 

 

(※時には我慢も必要なので一概には言えないけれど)

 

わたしはこの「気を使わない生き方」

ストレートな白黒はっきりな自分に

今とっても満足しています。笑

 

 

これができるようになったことは

シンガポールに住んでから、一番大きな変化かも…💡

 

 

はっきりすることは、時に人を傷つけたりすることもあると思うから

そこは気をつけないといけない場面もあると思うけれども。。。

 

 

守りたいものを守れる範囲で

自由に生きて、奔放でありたいものです。と思っているのでした。

 

 

(仲間、といえば、会社を離れたいまも、相方峰がいて。本当に幸せだなあと。)

(なんか後付っぽい。笑)

いつも奔放を受け入れてくれてありがとう❤️笑

f:id:charmingcookingclass:20180711102058j:plain

(多分今の峰こんな顔)

 

 

 

あー

帰国したら会いたい人ばかり!!!

 

 

(みなさんお相手宜しくお願いします)

 

 

 

 

 

ちゃら