OL卒業した二人のフリーな日記

料理研究家ちゃあみーのゆるゆるとした日常

会社に行くと思うと足が進まない病

 

 

おはようございます。

 

まだまだ暗い朝にバスに揺られてると、

たまに居場所がわからず、降りるタイミングを失いかけております。

ちゃらです。

 

 

f:id:charmingcookingclass:20180306083115j:image

 

 

シンガポールは日が出るのが遅くて

日が沈むのも遅いのですよ〜。

 

そのためか子供は結構遅くまで遊んでるんだよ。

5時のチャイムとかは、ありません。

 

 

治安がいいからさ、いいのだけどね。

子供は早寝早起きしないと身長伸びないぞ。

 

なんてな。

 

 

 

さて

今日はですね、なんでなんだろうと思うけど、毎回こうなってしまう…

タイトルの通りです。

 

 

最近は再発している

会社に行くと思うと足が進まない病

について話します。

 

 

 

 

一つ言っておくと

こちらに来てからの仕事は順調なのです。

だから仕事の良し悪しには関係ありません。

 

 

でもね

足が進まないのですよ。

 

 

会社員時代は完全にこれで。

起床するや否や

「え、行きたくない。」

と身体が拒否してくる状態(え。みんなもあるよね?)。

 

 

 

 

これがね、不思議や不思議

フリーランス時代にはあまり感じなかったので

時間に縛られることが嫌だから論は破綻しました。笑

 

 

ではなんで起こるのか。

 

 

それはですね

 

他責な仕事っぷり!

にあると思うのです。

 

(他責は4年前に入社前にやったeラーニングで時初めて知った言葉)

 

 

 

 

自分でやりたいと思ったわけでなく、

やらなければいけないと思った瞬間に「他責」になる。

 

 

・誰かにやれって言われたから

・お客さんの要望だから

・だれもやってくれないから

 

とかね。

 

 

つまり、仕事を自分のモノにできてない時にこうなる。という原因。

この時期は本当に伸び率が悪いです。よね。

あー仕方ない

と思ってやってるのだもん。

 

諦めから入るなんて、そらあ行きたくもなくなるわ。

 

 

ということで今の私

伸び率悪めの

ダメダメ野郎ということが、分かりました。

 

 

会社行きたくなくなるもんね!

 

 

 

 

 

_______________

 

 

 

 

一方フリーランスはわかりやすく自責の世界で

 

・自分でスケジューリングして仕事を決める

・誰かに指図されたりしない

・1つの仕事を辞めるハードルが低い

 

などなど

必然的に、自分で決めなければならないことが多いのです。

誰のせいにもできない、ある意味孤独な戦いなのですが。

 

私はどうやらその、強制的にでも

 

自分で決めてやる

 

ということが必要なのだと思います。

不思議なんですよ。

やってることはほとんど同じことだから。

 

 

 

気持ちの問題なんですよね、結局。

 

なので

 

これからの私が考えるべきなのは、

今の仕事をどうやったら自分のモノにできるのか

ということかと思います。

 

 

こっちに来るまでは自分の意思だったけれど

来てからは言われるがままに、仕事をこなすことが多くて。

 

それが今の自分の一番の課題かな

と思います。

 

 

何よりこのままじゃ、楽しめないしね!!

 

 

 

待ってくれている峰のためにも

考え方を改めて

もっと頑張らないと!

 

 

👧(峰)

 

 

 

と思うのでした。

 

 

 

皆さんも自責の姿勢で

今週も頑張っていきましょうね!

(eラーニング風)

 

ちゃら