OL卒業した二人のフリーな日記

料理研究家ちゃあみーのゆるゆるとした日常

私の言う「大切な人」の根っこは「家族」だと思う

 

こんにちは。

雨がしんしんと降り注ぐ本日、最近あんまり暑くないのが不思議!

な、ちゃらです。

 

 

暑くないと言っても30度前後、ですが。

今や日本の方が暑いかな?🤔

 

 

 

 

先日、両親がシンガポールに遊びに来ました!

じゃん

▽親子3人(妹不在)

 f:id:charmingcookingclass:20180629154254j:image

 

 

 

※妹ファンの方、ごめんなさい(友人など身内からは妹のほうが可愛いといじめられている)

 

 

 

 

両親念願の来星で、テンション高すぎた連日に疲労困憊です。笑

 

 

 

 

今回もマレーシアに行ったり(初の日帰り)

町巡りしたり

美味しいもの巡りしたりして

なんと1日約3万歩を記録。

 

両親より疲労困憊な娘。

まだまだ若いな、お母さんお父さん、、、。

 

(私お昼寝中に自宅プールを満喫)

 

 

 

今回のアテンドはものすごく疲れたんですよね。

で、なんでかなって考えたら多分

 

・誰より喜んでほしい

・楽しんでほしい

・気を使って欲しくない

と思ってて、空回りしてたかな〜と、今となっては思ってて。

 

なんか家族って特別で

かえって友達のほうが気を使わなかったりするんですよね。これには自分でも驚き。

 

 

多分海外に慣れていないから

自分がなんとかしてあげなきゃ!

っていうのも強かったんでしょう!娘のプライド!笑

 

 

そのせいもあって

親には時に冷たい態度をとったり、必要以上に文句言ったり、

なんだかもったいないことをしたなあ。とも思ったり。

 

これも家族だからこそ!なんですかねえ。笑

 

 

 

そういえば

そもそも私が料理に興味を持ったのは幼稚園生になる時頃からなんです。

お母さんは怖がらずに?好きなようにやらせてくれました@おばあちゃんの家

(食材が無駄になるので練習は祖母の家で歯科やらせてくれなかった母。笑)

 

 

当時は多分何にも考えていなかったけれど

多分喜んでくれるのが嬉しかったんだろうな〜と思います。

 

 

大人になってからも

家族が集まるのは食卓で

自分が作ったものだと、なにか少し特別になった気がして嬉しかったし、

家族が互いに感謝する瞬間は、いつもそこにあったなあと思います。

 

 

だから私が、何かやりたいなと思った時に思い浮かべるのは家族で。

大切な人を喜ばせる瞬間を作りたい、その対象も、背景も家族なんです。

 

 

 

今の今までを振り返って、本当にいろいろなことがあったし

その存在がうっとうしくなったり

離れたほうがいいんじゃないかと思うこともあったけれど、

でもその節々でみんなでか囲む食卓に救われて

やっぱり4人でいたいなって思えて

いまこうして唯一無二の存在でいれることは、この上ない幸せだなあと思うのです。

 

 

そう思わせてくれる両親や妹に、感謝ですね!

(まあ私がいて本当によかったねって思うけど!笑)

 

 

人生はいろんなことが起こるけれど

その瞬間を共にする存在はとっても大切で。

対象は人によって違うだろうし

血のつながりをうんぬん言いたいわけではなく

ただただ、一緒に過ごしていく毎日が

いつかは終わってしまう!ってかんがえると儚くて。

 

 

家族も友達も恋人も、自分が望んでいる人と、できるだけ多くの時間を共有して

互いに素敵な人生を送れたら幸せですね!

 

 

もっと大事な人孝行しないと!!

 

 

以上

シンガポールより熱く!語り倒した記事でした。笑

 

 

▽一応4人ショット

f:id:charmingcookingclass:20180629154657j:image

 

華金、楽しみましょうね!!