OL卒業した二人のフリーな日記

料理研究家ちゃあみーのゆるゆるとした日常

カナダで気づいた海外アレルギー払拭のお話

 

こんばんは。

 

長旅からのハードスケジュールの影響か、お腹の調子がすぐれないちゃらです。

 

病院に行くと必ず「食あたり」って言われるけれど、絶対違うもん。

そもそも私は変な物食べてないし、吐いてなどないんだ。

 

(前に行った時は寿司のせいだって断言されたのですが、まず食べてないという事前情報虫の診断でした。笑 私食べたのサブウェイのチキンサンドですよん。)

 

まあ、とにかく言いたいです。

ただただお腹が痛くてお腹が壊れている…。

 

一番近くのクリニックのお医者さんに不信感を抱きつつ、通ったことのある、勝手のわかるところに、結局落ち着いてしまうのでした。

薬大丈夫かな、、、。

 

 

さて、前回カナダに行ったよ!というお話をしました〜!

 

charmingcookingclass.hatenablog.jp

 

本当に楽しかった…。

 

 

今日はですね、その旅行の際に感じた

あれ?いつの間にか怖くない?海外アレルギー払拭?のお話をします。

 

 

私が言う「海外アレルギー」とは

・外人を見ただけで怖い

・目見れない怖い

・英語で話すの怖い

・日本人でない場合はとにかく身構えてしまう怖い

・知らない土地ワクワクするのに結局怖い

という、日本以外の場所、及び、人における恐怖感全般を指します。

 

 

私は学生時代から多くの国に訪れていたし

興味もあったし

まあ、旅行レベルであれば困らない程度の英語も話せたし

人並みよりは、アレルギー反応は薄めだと思って生きていたのですが

 

シンガポールに済んでから、この症状が、いかに根深いかを知った訳でして

実感するほどに、とにかく外に出て生活するのが難しくなるんですよね。

 

 

怖いんですよ。

 

いま考えると笑えるけれど。

 

 

そういう症状のことを忘れるほどに、今となってはシンガポールに馴染んで毎日過不足なく生活をしている訳ですが、環境に慣れたからだな〜なんて思っていて

 

カナダに行った時に改めて「怖くない」を実感したのです。

 

これは自分の中でかなり大きく、プラスの変化でして。

今後海外のお仕事をやることが決まっても、まずは怖くない訳ですよね!

 

(伝わるかは微妙でも)

 

怖くなかったら果敢にチャレンジできるんです。

失敗しても、関係ないから!って思えるから!

 

 

海外に住んで一番よかった変化かもしれない、、、❤️

 

 

成長を実感した時にはやっぱり嬉しい、ので

自分自身が、自分自身の成長に、気づくきっかけをたくさん与えていけたらなあと思います。

 

本帰国まであと3ヶ月と少し!

この地でしかできない経験をたくさんできるように、日々楽しんでいきたいと思います

 

 

明日は久しぶりに峰とのスカイプ会議です😍

日本での仕事も加速させていくぞ!

 

 

今日写真がないことに気づいたのでとりあえずこれ

▽カナダで食べたすっごいハンバーガー(バンズ2枚の間にチーズ万歳)

 f:id:charmingcookingclass:20180814213622j:image

 

 

 

 

ちゃら